CanonのPowerShot G7X MarkIIってデジカメの使用感書いたよ

LIFE
スポンサーリンク

結構前になんとなく買ってしまったデジタルカメラ。

それがCanonのPowerShot G7X MarkⅡってやつ。

いまどきスマホで十分じゃね?って思うよね。

うん、わかる。

スマホのカメラでも凄く綺麗に撮れるし、加工も簡単に出来るもんね。

おまけに動画まで撮れちゃうのに、普段携帯するくらいコンパクトなんだから。

そしたら、なんで買ったんや?って話なんだけどさ。

THE 気分。

ただそれだけなんだよね。

 

でも、このカメラが意外にも使い易くて使用頻度が高い。

コンパクトなデジカメの中では画質も良い方だと思うし、スマホみたいなオマケ機能じゃないカメラそのものだから色々なシーンで大活躍してくれる。

大きな一眼レフが嫌って人にはオススメのカメラ。

そんなCanonのPowerShot G7X MarkⅡがどんなカメラなのか紹介するね。

 

 

Canon PowerShot G7X MarkⅡ買った理由

 

まずは、このカメラなんだけど、Canonのコンパクトデジタルカメラの1つ。

Canonには、沢山のカメラがラインナップにあるんだけど、このカメラはレンズ交換が出来ないタイプで所謂レンズ一体型ってやつ。

レンズ一体型には、一眼レフみたいな形をした大きなカメラもあるけど、コンパクトな小型軽量シリーズが多い。

その中でも中級クラスって感じのグレード。

 

 

一眼レフと違って小型軽量

 

ほら、一眼レフって結構人気で観光スポットに行くと首からぶら下げた人が多いよね?

だけど、アレって結構重たいし、レンズ交換を楽しむカメラだから荷物が増えるやん。

最低限な荷物にしようと思ってもカメラボディ(本体)に標準域のズームレンズ、望遠レンズ、明るい単焦点レンズを揃えたら結構な荷物になるし、お金もかかる。

最近は、スマホの性能が向上してコンパクトカメラに近い画質になって来たけど、コンパクトカメラも一眼レフに近づいて来たと思う。

 

そう考えた時に、画質の許容範囲とカメラに掛ける資金とのバランス、そして重さに耐えるだけの体力が重要だと気が付いた。

画質の許容範囲ってのは、人によっても違うから自分で出てくる画像を確認しないと簡単にオススメ出来ないけど、重さとかは長時間持ち歩く事を考えると理解できるんじゃないかと思います。

 

一眼レフにもコンパクトカメラにもメリットとデメリットが有るからどちらにするかで悩んでいる人は、まずそこから検討する必要が有るんじゃないかな。

 

 

一眼レフのメリットとデメリット

 

それでは、まず一眼レフのメリットとデメリットを考えてみるよ。

 

一眼レフのメリット
  • 画質が良い
  • レンズ交換が可能
  • 細かな設定が可能
  • 耐久性に優れているものが多い

 

やはり何と言っても画質だよね。

アレだけ大きなカメラとレンズを振り回して画質が悪いのなら誰も持たないよ。

ここのアドバンテージは結構大きいと思う。

 

そしてレンズ交換する事で様々なシーンを思い通りに撮影できる可能性が広がる。

良いレンズほど大きくて重たく、価格も高くなるけどね。

 

ボディが大きい分、スイッチとかダイヤルも多めで直感的な操作が可能。

これは、かなり使い易さに影響が出る部分。

コンパクトな機種は何度もボタン操作をしなければ深い設定に入って行けないものが多いので、不便に感じる事も有るのは確か。

 

安価なエントリーモデルでも耐久性の高いボディが存在する。

そう簡単には壊れない耐久性も売りの1つ。

 

 

次は逆にデメリットを紹介してみる。

 

一眼レフのデメリット
  • ボディが大きい
  • 価格が高い
  • レンズが欲しくなる
  • 荷物が嵩張る

 

小型のミラーレス一眼レフも登場してきたけど、それでも大きいよ。

この大きなカメラを持ち出すにはポケットじゃ無理。

別途、カバンを持ち歩かなければならなくなる。

 

コンパクトなカメラに比べてボディも高いものが多く、そこへレンズも必要になる。

新しいレンズが欲しくなるというレンズ沼も怖い。

だって画質に定評の有るレンズは大口径で大きく重たい上に値段が高いからね。

お金のかかる趣味だよ。

 

ポケットに入らないサイズだからカメラを持ち歩くカバンが別に必要。

他にも荷物が沢山ある場合は、荷物だらけで大変。

個人的には、この荷物になるのが1番嫌な部分に感じた。

 

 

コンデジのメリットとデメリット

 

コンパクトデジタルカメラって長いから略称のコンデジにするね。

当然ながらコンデジにもメリットとデメリットがある。

 

コンデジのメリット
  • 小型軽量
  • 値段も比較的安価
  • サクッと取り出せる機動力と携帯性
  • レンズ交換不要

 

やはり小型軽量で持ち歩くのが疲れない点は大きい。

ちょっとしたスナップ写真を撮影する人って多いと思うし、それでもスマホよりは綺麗に撮れた方が嬉しいよね?

そんな時にはコンデジが最適だと思う。

 

価格も本体だけあれば良いので、ちょっと高い機種もあるけど一眼レフよりは安価。

他に揃える物も少ないと言うか無くても良いくらい。

 

小型軽量だから嵩張らないし、ポケットからサクッと取り出して即撮影が可能。

スナップ写真とか一瞬のシャッターチャンスを逃したくない場合は有利。

 

あとはレンズ交換が不要なので、余計な出費が無くて済むこと。

レンズ交換が面倒だって人にはオススメ。

 

 

一方でデメリットもあるのは確か。

 

コンデジのデメリット
  • 画質(センサーサイズが小さい)
  • 操作性の悪さ
  • レンズ交換が出来ない
  • スマホとの棲み分け

 

デメリットとしては、センサーサイズの小ささ。

センサーサイズの大きなフルサイズセンサーを搭載した一眼レフを使うと、コンパクトの画質では満足できないかもしれない。

画質を最優先に考えた場合は、フルサイズセンサー搭載の一眼レフをオススメする。

 

小型であるが故に操作系のボタン類が小さく少ない。

その為、直感的な操作は一部に絞られ、多くの操作は設定から入っていく必要がある。

これがかなり面倒。

 

レンズ交換が出来ないので、カメラの性能以上の事は何も出来ない。

最初から組み込まれている焦点域しか使えない。

 

スマホとの棲み分けが難しいかもしれない。

特に安価なコンデジは、性能面でも大きな違いが感じられないかもしれない。

 

 

個人的な理想を考えたら最適な機種だった

 

最終的な判断材料は人によって違いがあると思う。

個人的には、何よりも小型軽量で最大限納得の出来る画質というのが条件だった。

その場合、コンデジの中で画質が良いと感じる機種が選択肢になる。

 

PowerShot G7X MarkⅡは、コンデジの中では大きいとされる1型センサー搭載機種。

画質は良い方だ。

SONYのRX100シリーズも使った事があるけど、グリップの握った感覚はPowerShot G7Xの方がよく感じた。

これが決め手になったのかもしれない。

 

どうしても大きな用紙にプリントしたいというような場合は、画質優先で考える必要があるので一眼レフの方が良いと思うけど、そんな予定も無かった。

殆どの写真はブログやSNS用なので、そこまで画質にはこだわらない。

という訳で1番良い選択をしたと思っている。

 

 

Canon PowerShot G7X MarkⅡの使用感

 

購入した理由について書いたけど、実際のところはどうなんだ?って話。

使って見たら全然違ったってなったら意味ナッシングやん?

購入してからは、結構使ってみて確認したよ。

 

 

タッチ操作も可能で操作性が向上してた

 

コンデジのデメリットでも書いた操作性だけど、他の機種に比べたら良い方だと感じた。

ダイヤルも大きめで複数あり、一眼レフに近づけてる感じがする。

何より、液晶モニターをタッチ操作できるのがスマホ感覚で良かった。

 

 

尚且つ液晶モニターは稼働式。

高い位置からの撮影もローアングルも簡単なのだ。

ちょっと液晶が見づらい時もあるんだけど、まぁこんなもんかな。

 

コンデジ特有のメニュー操作の煩わしさもタッチパネルで解消されてる。

一眼レフ並みとまでは行かないけど、使い易さは悪くない。

 

 

明るいレンズを搭載してるのも良い

 

折角大きな1型センサーを搭載しててもレンズが悪けりゃ意味が無い。

でも安心してください。

G7X MarkⅡは、f1.8-2.8という明るいレンズを搭載してます。

 

明るいレンズほど、暗い場所でも速いシャッタースピードを維持できるので、暗所に強くなるというメリットがあります。

暗い場所では、ISO感度を上げる事になるけど、ノイズとか画質の劣化につながる。

なるべく明るいレンズが望ましいというわけ。

 

ズームレンズだけど、そこまでズーム倍率は高く無い。

だけど、あれもこれもを望むのなら複数のカメラか一眼レフにした方が良い。

この機能で十分満足してる。

 

 

ブログに載せるスナップ写真では満足の画質

 

使い勝手は、コンデジの割に良いと思う。

そして実際に撮影をしてみるとスナップ写真が撮りやすい。

パンフォーカスになり易いので、背景をぼかした撮影は一眼レフに敵わないけどね。

 

 

歩いていて撮りたい時にサクッと取り出して撮影できるのはスマホの感覚に近い。

気軽に持ち出せて、簡単に撮影できる優れもの。

手ぶらに近い状態で出歩く事も多いので、荷物にならないのは助かる。

 

水準器の機能も搭載しているので、水平を確認するのも簡単。

アプリをダウンロードすればwifiを使ってスマホへ転送も出来る。

SNSへのアップもあっという間。

インスタ映えするような写真があれば、即転送出来ますよ。

 

 

 

 

まとめ

 

荷物を少なくしたいけどカメラはスマホじゃ満足できないという我儘を解決。

PowerShot G7X MarkⅡって、そんなデジカメ。

一眼レフのサブで持つ人もいるみたい。

個人的にはメインで使ってるけどね。

 

どのカメラを購入するのかは、用途によっても違うので、しっかり考える必要があるけど、コンデジの中ではオススメです。

そんなに高額でも無いので、検討してみては如何でしょうか?

 

コメント