ギターのピックアップを交換する手順

GUITAR
スポンサーリンク

エレキギターって、ボディとかの材質でも音が変わるよね。

だからって、色んな材質のギターを購入しようと思ったら、めちゃお金かかるし。

でもバンドマンって金欠気味でしょ?(多分)。

 

エフェクターやアンプを駆使して上手く良い音を出す人もいるけど難しくない?

そこで、エレキギターの心臓部みたいなピックアップを交換するわけ。

ピックアップを交換すると、モノによっては結構音色が変わります。

 

ただ注意点としては、既存のピックアップと同じようなタイプのピックアップに積み替えた場合は、期待する程の変化が無いなんて事もあるので、選択が難しいって点。

ストラトタイプのギターを弾いていて、レスポールの音が欲しいという極端な場合は、ピックアップを交換しただけじゃ納得できないかも。

まずは、自分が出したい音がどんな音なのかを把握する事が大事。

ピックアップ交換はギターを買うより低コストなので試してみる価値はあります。

 

ピックアップの交換自体は、男性であれば、学生の頃に経験したであろう半田作業で、比較的簡単に出来るしね。

不安な人は、近所の楽器屋さんにお願いすると、料金は掛かるけど、綺麗に仕上げて貰えるからオススメ。

 

 

ピックアップ選び

 

さて、ピックアップと言っても種類が沢山あって悩んじゃう。

メーカーによる違いとか、型番で吐き出す音に違いがある。

自分のギターとの相性は積んでみるまで確認出来ないって最大のデメリットを抱えつつ、事前にリサーチをしまくるんです。

付き合う前に相手の事をよく知っておく感じに似てますよね。

 

あと気になるギタリストが居れば、そのギターに搭載されたピックアップを参考にするのも悪くないと思います。

まずは理想の音色に近いピックアップを探し出す事が重要ってこと。

 

 

Schecter SuperRockⅡpro

 

それでは実際の交換作業について。

今回、ピックアップを交換したギターは、SCHECTERのSD-DXというギター。

SCHECTER JAPANのラインナップにあるギターで上位モデルにEXシリーズ、下位モデルにSD2シリーズとあって、正直、中途半端感満載のギターです。

( ̄◇ ̄;)

 

既存のピックアップは、新品購入時から付いていた純正品で SuperRockⅡproというもの。

これが、ネットで検索しても評判がヒットしない・・。

 

上位機種のEXに搭載されているピックアップとは別の日本製のピックアップを搭載してるコスト削減仕様んです。

 

ネット上でよく見かける下位モデルのSDⅡとも違うピックアップ。

SDⅡは、結構人気もあるモデルなので、YouTubeなんかにも演奏動画があり、実際に弾いている音を確認できるけど、SD-DXは少なめ。

既存のピックアップは、ボディ材の影響もあるかもしれないけど、個人的には好きでも嫌いでも無い。

そんな感じの音でした。

 

しかし、最近になって音の粒や輪郭が気になり始め、ピックアップを交換してみたくなったという経緯。

既存のSuperRockⅡproは、高出力な感じのピックアップで、ゲインを上げていく時の、歪みの変化が濁ったような感じがあるのと、高音がきついような特徴がありました。

それらが解消されるようなピックアップを積みたかったんです。

 

 

SeymourDuncan

 

ピックアップで特に有名なメーカーと言えば、ディマジオさんとダンカンさん。

もちろん他にもメーカーはありますけど、この2社が手頃かなと。

しかし、所有しているギターの中にディマジオ系のピックアップを搭載したIbanezのRGがあるので、ディマジオだと似た音になりそうだと思い、即決でダンカンに決定。

ダンカンは、使っている人も多いから動画もあった。

 

一方で、既存のSuperRockⅡは不人気な感じがしますね。

動画を探すのも一苦労。

SCHECTERのギターをエンドース契約しているアーティストも殆どの人が、他社のピックアップを使用してるもんなぁ・・・。

( ̄◇ ̄;)

 

このピックアップを使用していて思うのは、ギターを買って新しいピックアップを搭載する際に、このピックアップが候補になる事は無いだろうなということ。

癖が凄いぃ~の人じゃないけど、エフェクターの設定とか結構難しい気がする。

 

これで、メーカーは確定した。

次は、いよいよ数あるラインナップから自分の理想となるピックアップ選び。

今回交換するギターのピックアップは、H-S-Hのタイプ。

でも、センターは殆ど使用してないし、交換せずにネックとブリッジのハムバッカーを交換するだけに。

 

 

SH-2n

 

フロントのネック側に搭載するピックアップは、SH-2n (JAZZMODEL) に決定。

これは、結構すぐに決まりましたね。

評判も良くYouTubeなどでも使用例が沢山あったので、色んな人の弾いている動画を参考にしました。

特にアルペジオやスウィープなどの演奏時に、リアからフロントへ切替えて使う事を想定して、音の分離や雰囲気を重視。

おそらく、現状の使用ならリア側の方が使う頻度は圧倒的に多くなると思うので、そこまで神経質にならずに選択した感じ。

 

このピックアップは使っているアーティストの方も多いので、自分のギターと似たようなギター(ボディ材が一緒とか)で弾いている動画も見つかるんじゃないかと思います。

 

 

TB-14 (SH-14)b Custom5

 

型番はTB-14ですけど、これはフロイドローズ仕様向けのもので、一般的なSH-14と同等ですね。

これは正直、悩みに悩んで選びました。その為、候補は幾つかありました。

  • TB-4
  • TB-6
  • TB-14
  • TB-16

 

この4つで相当悩みましたよ。

TB-4は一時期流行っていたモデルですけど、理想とは違うような評判だった為に、候補から外しました。

TB-6とTB-16は、動画でTB-14と聞き比べて最終的に候補から外しました。

結局のところ、ネット上の評判と動画での音で決めたわけです。

ちょっとドキドキですw

 

こっちも、今使っているギターと似たような材質や系統のギターで弾いてる動画が参考になりました。

このピックアップを選んだ際に参考になったのが、高崎晃

実は、タッカンもSH-2n+TB-14の組み合わせなんですね。

更に、地獄のメカニカルトレーニングで有名な小林信一大先生も、TB-14を使用したモデルがあるやん。

Σ(゚Д゚;)!

 

地獄サウンドに近づけそうな気がしますね。(するだけ)

メーカーのトーンチャートで見ると低音重視な感じで中域が抑えめになってますが、実際にはバランスも良いし、歪みも素直な歪みで文句なしでした。

 

 

 

ピックアップの交換作業

 

ピックアップが決まれば、あとは取付け。

今回は既存のピックアップとの交換作業なので、SuperRockⅡproをネック側とブリッジ側の両方取り外して、新しいSH-2nとTB-14へ交換する作業です。

 

 

既存品の取り外し

 

 

既存のピックアップは、SCHECTERのSuperRockⅡpro。

ベンドした際に音の途切れを防止する意味でポールピースが大きめっていう仕様。

フロント、センター、リアに搭載されてます。

この3つのうちセンターを残して、ネック側とブリッジ側のピックアップとお別れー。

 

このギターは、ピックガード付きのタイプなので、ピックガードにスイッチ類やピックアップが固定されてて面倒くせー。

ピックガードの周囲にあるネジを全部外して、ピックガードを取り外し。

 

気をつけないと、配線が内部で繋がっているので、ピックガードを外す際に、強く引っ張ると断線してしまう可能性が・・・。

 

イライラしたら負け!

 

万が一、断線しても半田で繋ぎ直せば復旧できますが、数本の配線を一度に断線してしまうと復旧が難しくなるので気をつけて。

配線に気をつけれて外せば、裏側にして配線を確認。

 

ピックガードの無いタイプなら、ピックアップがボディに直付けになっているので、ギターの背面にあるカバーを外して作業する感じです。

 

 

半田作業

 

 

ピックガードを取り外して裏返すと、写真のようになっています。

ここでネック側とブリッジ側のピックアップから伸びている配線が、何処に繋がっているのか確認しないとならない。

Schecterのピックアップは、赤、白、黒、緑、銀の5本でした。

そのうち赤と白緑と銀がセットになり、同じ位置に取付けられてました。

  • 赤と白 → 5wayスイッチ
  • 黒   → 5wayスイッチ
  • 緑と銀 → ボリュームスイッチ

 

これは、ネック側もブリッジ側も同じみたい。

それぞれ接続先の端子が異なるので、間違えないように。

新品の配線は長め。

実際に取付ける際は、ある程度の長さで切断しないと、ボディ内にコンパクトに収納出来ないので、上手く長さを調整して取付ける必要あり。

 

半田作業は、多くの人が経験があるアレ。

結構配線が密集してるので気をつけないと他の配線をやっちゃうかも。

半田自体は熱のある方へ移動するから、コテに半田を当てるのでは無く、配線をコテで熱して、配線に軽く半田を当てれば、配線に盛れるという豆知識を思い出してトライ。

端子側にも少し半田を持って、裏側から熱を加えると、上手く繋げた。

 

今回のダンカンのピックアップの配線は上記のSchecterと同じでした。

その為、同じ色の配線を同じ場所に付け替えるだけで済んだ。

めちゃ簡単。

配線が細いので、先の鋭いペンチとコテがあれば便利。

 

 

 

交換後

 

 

配線を綺麗に纏めて収納しつつ、ピックガードへピックを取付け。

(半田より先に取付けてました)

これが結構ウザい

ピックアップ取付け用のネジには、バネが付いています。

バネを押しながらネジを入れるのが、結構大変・・・

なんどもバネに弾かれながら、心をへし折られそうになりながら最後は勝ったぜ。

 

上手く半田付けが出来ているか心配な場合、この状態でシールドを繋ぎ、ピックアップを指で叩くと音が鳴るからチェックすると良い。

勿論、フロントとリアでスイッチを切替えてみたりして音が変化するか確認ね。

 

新しい弦を張ってチューニング出来たら、最後にピックアップの高さと、ポールピースの高さ調整で、出音のバランス調整をして作業は終了。

コイルタップやボリュームなど全ての確認をして、問題が無ければ無事にOK牧場です。

 

 

 

まとめ

 

最後になりますが、一連の作業の流れは、

  1. ギターの弦を外す
  2. ピックガードを取り外す(ピックガード無しの場合は裏蓋を外す)
  3. 既存のピックを外す
  4. 新品を取付ける
  5. 半田作業(配線の長さ、取付け位置に注意)
  6. 配線を纏め収納しつつピックガードを取付け
  7. 弦を張る(弦を張る前に音の確認可)
  8. ピックアップ、ポールピースの高さでバランス調整
  9. 確認して完了

 

ピックアップ選びは楽しいですけど、理想と違うタイプの音になって後悔しない為には事前の調査が重要だと思った。

今回は、コイルタップなどの機能が付いたギターで、その分の配線が多く邪魔だったけど、そんな時はピンセットがあると作業も捗って良さげ。

新品のピックアップの配線は長めだから、少し切断することになるけど、短く切りすぎないように注意が必要。

これ短く切っちゃうと大変だからめちゃ重要。

 

ダンカンのSH-14 Custom5 は評判も良いし、めちゃ人気のピックアップなんだけど、理由がわかる気がした。

ハードロックやメタル系でも充分使えるピックアップ。

セルフで作業する場合は、半田ゴテの取り扱いには充分注意してね〜。

 

コメント