ギターとパソコンを接続して演奏動画を撮影する方法

GUITAR
スポンサーリンク

ギターの練習。

上手い人の演奏を聴いたり見たりも大事だけど、自分の演奏を客観的に映像で確認するのも上達への道っぽい。

だって、悪い癖とか上手い人との違いが目で見て確認出来るから修正に役立つでしょ。

そんな時に効果的なのが演奏を録画録音するという方法。

ギターとパソコンを接続すれば結構簡単に演奏動画を撮影出来るんですね。

 

それにアンプを経由しなくてもパソコン経由でアンプに近い音が出せる機器もある。

なんて便利な時代!

デジタルも悪くないね。

 

それはもう活用するしかありません。

という事で、今回はギターとパソコンを接続して演奏動画を撮影する手順でーす。

 

 

ギターとパソコンを接続する方法

 

ギターとパソコンを繋ぐには、どうしたら良いのか?

ギターにはアンプと接続する際に使用するシールド(ケーブル)がありますよね。

んじゃ、それを使ってギターとパソコンを繋げば良いんじゃね?

 

Σ( ̄□ ̄;)

 

画像は、MacBookProというノートパソコン。

どう考えてもギターのシールドのジャックが入るようには見えないよ。

最近のパソコンは薄型モデルも多いので画像のようなサイズ感。

 

そもそも、このシールドの先端プラグが差し込めるような穴が無い。

 

( ̄^ ̄ ;)ウーン

 

では、変換プラグでマイク端子にぶち込めば良いのか?

いえ、問題はそう簡単では無いんですよね〜。

 

 

オーディオインターフェイスの必要性

 

ギターなどの音はアナログ信号。

でもパソコンで処理する音はデジタル信号。

 

だから、アナログ信号をデジタル信号へ変換する必要があるわけ。

パソコンのマイクジャックにダイレクト接続して録音する事も可能なんだけど、ノイズが酷く音質という面では満足できるモノでは無いレベル。

取り敢えずメモ代わりに録音しておく程度なら使えそうな感じ。

 

このダイレクト接続で録音してYouTubeにアップしたら、きっとイライラされる。

( ̄◇ ̄;)

 

そこで、アナログ信号からデジタル信号へ変換する機器が必要になるってわけ。

それが、オーディオインターフェイス。

 

 

ギター演奏で利用するパソコンと機器接続のパターン

 

楽器をパソコンと接続して演奏やDAWソフトに取り込む場合の接続方法。

 

必要な機材
  • パソコン本体
  • ギターなど楽器
  • オーディオインターフェイス
  • DAWソフト
  • シールド類
  • スピーカーやヘッドホン

 

まずは、必要な機材を準備。

パソコンにDAWソフトをインストール。

ギターなどの楽器をオーディオインターフェイスとギターのシールドで接続。

オーディオインターフェイスとパソコンをUSBケーブルで接続。

アウトプット用にスピーカー又はヘッドホンを準備すれば完了。

 

 

オーディオインターフェイスの種類

 

オーディオインターフェイスの役割と必要性が理解出来た筈。

そこで、オーディオインターフェイスなんだけど、実はメーカや種類が沢山ある。

 

オーディオインターフェイス選択のポイント
  • 入出力数と入力に関する部分
  • 音質
  • 価格
  • 接続方法

 

オーディオインターフェイスの種類で確認すべきポイント。

入出力数に違いがあるので、使用する楽器に合わせて決めると良い。

入力で気をつけなければならない部分が、もう1つ。

それが、端子形状とHI-Z入力に対応した商品かどうかという点。

 

入力端子は、コンデンサマイクも使用できるXLR(キャノン)と一般的なプラグが共通して使えるコンボジャックになったモノで、ファンタム電源対応がオススメ。

ギターやベースを使用する場合は、HI-Z入力に対応が必須。

HI-Z入力に対応していないとインピーダンスを合わせる事が出来ないので、正しい音質での録音が困難なんです。

 

 

 

 

他にもサウンドハウスなら豊富な種類がありますよ。

 

関連リンク

 

 

 

オーディオインターフェイス内蔵機器

 

最近では、オーディオインターフェイスを内蔵したマルチエフェクターやアンプシミュレーターがありますね。

ギターをマルチエフェクター経由でパソコンに繋ぐのであれば、非常に便利です。

オーディオインターフェイスのように多くの入力は出来ませんが、ギター演奏くらいなら十分です。

 

ギターとパソコンの接続では、信号を自動変換。

機材の内部でアナログ信号をデジタル信号へ変換する作業を実行するから、パソコンや機材のスペックによっては、レイテンシー(音の遅延)という現象が発生する事もあります。

安価な機材やパソコンだと上手く機能しないかもしれ無いという恐ろしい現象。

パソコンは、ゲームなどが出来るくらいのスペックなら普通に使えるんじゃ無いかと。

 

マルチやアンプシミュレーターのオーディオインターフェイス。

ギターだけ練習や録音するのであれば、機材を増やさずに出費を抑えられるメリットがあって懐には優しい。

 

 

 

まだ持っていないのであれば、品揃えが豊富なサウンドハウスがオススメ。

 

関連リンク

 

 

実際の演奏動画

 

それでは、ギターとパソコンをオーディオインターフェース内蔵機器で接続し、実際に撮影と録音を行った演奏動画を紹介。

 

 

曲は懐かしのアニメソングでセーラームーンの名曲。

こんな時にチョイスする曲では無いだろうという意見をスルーしてのアップ。

天国のギタートレーニングソングという教則本から。

それらしく弾くのは、思ったより難しいという感想。

 

動画では、オーディオインターフェイス内蔵のエフェクターを使用。

カメラで動画撮影、演奏はパソコンに搭載のソフト(GarageBand)で録音。

この動画と録音は別々の機器(カメラとパソコン)で同時に行い、後からパソコン上でミックス。

 

指の動きと演奏が合うようにミックス出来れば完成。

最初さえ合えば、同時に録画録音した物なので簡単に合う筈。

 

 

まとめ

 

ギターとパソコンを接続する方法。

 

  • オーディオインターフェイスを準備する
  • オーディオインターフェイス内蔵のマルチやアンプシミュレーターを準備する

 

どちらにしてもオーディオインターフェイスの機能が必要です。

オーディオインターフェイスを購入する際は、入出力数や端子を確認して用途に合った物を選択。

 

既にオーディオインターフェイス内蔵の機材を持っているのであれば、そのまま接続が可能。

沢山の楽器を入力したい場合は、オーディオインターフェイスが必須になるけど、ギターだけなら内蔵のマルチでも特に問題もなく使える。

お試しあれ。

コメント