LINE6 FIREHAWK FXの内蔵モデリング

GUITAR
スポンサーリンク

LINE6 FIREHAWK FXを購入して使用してます。

BOSS GTシリーズやLINE6 POD HDシリーズと比べて、イマイチ人気が無いような気がするLINE6 FIREHAWK FX。

ですが、普段使いには、なかなか素晴らしい機種だと自画自賛。

 

ただ現行の機種の中では中途半端なイメージが強い感じも否めない。

LINE6は、PODシリーズの人気が高く、最上位のHELIXは価格も高く、他メーカーとの比較でも酷評が多いよね。

 

一方、BOSS GTシリーズは昔から人気のあるシリーズで安定した感じあり。

実際に使用している人も多いし人気みたい。

 

LINE6 FIREHAWK FXの場合は、公式ホームページにおいても情報が少ない。

その事が人気に影響している気もする。

AMPLIFiの頃よりも宣伝も控えめな気がするし、そんなに力をいれて無い?

超簡単に説明すると、POD HD級のサウンドでAMPLIFi級の操作性を兼ね揃えたマルチなんですけどね。

 

 

内蔵モデリングアンプについて

 

 

LINE6 FIREHAWK FXには、POD HDシリーズと同じHDモデリングのアンプが内蔵されてます。

そのほかに、旧PODシリーズと同等のモデリングアンプも内蔵されていて、そのアンプの種類に応じて分類されているんです。

 

 

Cleanアンプ

 

 

クリーンアンプには、HDモデリングが無いですね。

アンプ設定の無しを選択したい場合もクリーンを選べば良いみたい。

 

  • No Amp
  • Tube Instrument Preamp
  • Line6 Piezacoustic 2
  • Line6 Variax Acoustic
  • 1987 Jazz Clean
  • Line6 21st Century Clean
  • Line6 Super Clean
  • Line6 Sparkle
  • Line6 Sparkle Clean
  • Line6 Super Sparkle

 

 

 

Americanアンプ

 

アメリカらしいアンプがモデリング。

赤字のモデリングアンプがHDモデリング。

 

  • Blackface Double Normal
  • Blackface Double Vibrato
  • Super O
  • Gibtone 185
  • Tweed B-Man Bright
  • Tweed B-Man Normal
  • Blackface ‘Lux Normal
  • Blackface ‘Lux Vibrato
  • Divide 9/15
  • PhD Motorway
  • 1958 Tweed B-Man
  • 1953 Small Tweed
  • 1960 Tiny Tweed
  • 1964 Blackface ‘Lux
  • 1965 Double Verb
  • 1963 Blackface Vibro
  • 1967 Double Show
  • 1972 Silverface Bass
  • 1960 Gibtone Expo
  • 1967 Wishbook Silver 12
  • 1960s Super O
  • 1962 Super O Thunder
  • 1960 Two-Tone
  • 1985 Cail Crunch
  • 1993 Match D-30
  • 1996 Match Chief
  • 2001 Zen Master
  • 1996 Mini Double
  • Line6 JTS-45
  • Line6 Class A
  • Line6 Mood
  • Line6 Bayou
  • Line6 Twang
  • Line6 Crunch
  • Line6 Boutique #1

 

 

Britishアンプ

 

マーシャル系などの人気の高いシリーズをモデリングしたBritishアンプ。

赤字がHDモデリング。

結構、使用頻度の高いアンプが揃っている分類。

 

  • Hiway 100
  • Class A-15
  • Class A-30 TB
  • Brit J-45 Bright
  • Brit J-45 Normal
  • Plexi Lead 100 Bright
  • Plexi Lead 100 Normal
  • Brit P-75 Bright
  • Brit P-75 Normal
  • Brit J-800
  • Brit Gain 18
  • 1965 Plexi 45
  • 1968 Plexi Lead 100
  • 1968 Plexi Jump Lead
  • 1968 Plexi Variac’d
  • 1968 Brit Plexi Bass 100
  • 1969 Brit Plexi Lead 200
  • 1996 Brit JM Pre
  • 1990 Brit J-800
  • 1992 Brit Gain J-900 Clean
  • 1992 Brit Gain J-900 Dist
  • 2003 Brit Gain J-2000
  • Brit J-2000 #2
  • 1960 Class A-15
  • 1967 Class A-30 Top Boost
  • Class A-30 Fawn
  • Citrus D-30
  • 1973 Hiway 100

 

 

High Gain アンプ

 

HM/HRでは欠かせないハイゲインアンプ。

POD HDシリーズと遜色無い赤字のHDモデリングをはじめ、豊富なラインナップ。

ロッケンローラーから鋼鉄系には欠かせないシリーズ。

 

  • Bomber Uber
  • Treadplate
  • ANGEL F-Ball
  • Line6 Elektrik
  • Solo 100 Clean
  • Solo 100 Crunch
  • Solo 100 OD
  • Line6 Doom
  • Line6 Epic
  • 1987 Brit Gain Silver J
  • 1993 Solo 100 Head
  • 2001 Treadplate Dual
  • 2001 Cail Diamond Plate
  • 2002 Bomber Uber
  • 2002 Bomber X-TC
  • 2002 ANGEL P-Ball
  • 2003 Connor 50
  • 2003 Deity Crunch
  • 2003 Deity Lead
  • 2003 Deity’s Son
  • 2002 Mississippi Criminal
  • Line6 Modern Hi Gain
  • Line6 Spinal Puppet
  • Line6 Chemical X
  • Line6 Purge
  • Line6 Insane
  • Line6 Agro
  • Line6 Lunatic
  • Line6 Treadplate
  • Line6 Big Bottom
  • Line6 Chunk Chunk
  • Line6 Fuzz
  • Line6 Octone
  • Line6 Smash
  • Line6 Throttle

 

 

キャビネット&マイク

 

PODシリーズ同様、様々なキャビネットモデルが内蔵されてました。

AMP + CAB + MIC の組み合わせだけでも音が大きく変化するので、色々試してみたくなりますね。

まずは、キャビネット。

 

  • 1×6 Super O
  • 1×8 Tiny Tweed
  • 1×10 Gibtone
  • 1×10 G-Brand
  • 1×12 Tweed
  • 1×12 Blackface
  • 1×12 Line6
  • 1×12 Class A
  • 1×15 Thunder
  • 2×2 Mini T
  • 2×12 Blackface
  • 2×12 Line6
  • 2×12 Match
  • 2×12 Jazz
  • 2×12 Wishbook
  • 2×12 Class A
  • 2×12 Fawn
  • 4×10 Tweed
  • 4×10 Line6
  • 4×12 Line6
  • 4×12 Green 20’s
  • 4×12 Green 25’s
  • 4×12 Brit T75
  • 4×12 Brit V30
  • 4×12 Treadplate
  • No Cabinet

 

 

続いてマイクは、4種類から選択。

 

  • 57 S
  • 57 A
  • 421
  • 67

 

 

内蔵エフェクターについて

 

 

LINE6 FIREHAWK FXには、前述のアンプだけでなくて、エフェクターの数々に到るまで、POD HDシリーズと同じHDモデリングが内蔵されてるし、その上、旧PODシリーズと同等のエフェクターも内蔵されてて良い感じ。

 

 

Drives & Dynamics

 

よく使うエフェクターも豊富に内蔵されてた。

赤字のタイプがHDモデリングなんだけど、同じような名前で非HDタイプがあるので、設定時は要注意。

 

  • Jumbo Fuzz
  • Color Drive
  • Buzz Saw
  • Line6 Distortion
  • Line6 Drive
  • Overdrive
  • Facial Fuzz HD
  • Fuzz Pi HD
  • Heavy Distortion
  • Screamer HD
  • Octave Fuzz HD
  • Tube Drive HD
  • Facial Fuzz
  • Fuzz Pi
  • Screamer
  • Classic Distortion
  • Octave Fuzz
  • Kikker Z
  • Tube Drive
  • Boost + EQ
  • Bass Overdrive
  • Bronze Master
  • Red Comp
  • Blue Comp
  • Blue Comp Treb
  • Vetta Comp
  • Vetta Juice
  • Auto Swell

 

 

Mods

 

内蔵のモジュレーションにはHDモデリングが無いけど、使えそうな物は揃っているので、困ることは無いはず。

 

  • Sine Chorus
  • Analog Chorus
  • Line6 Flanger
  • Jet Flanger
  • Phaser
  • U-Vibe
  • Opto Tremolo
  • Bias Tremolo
  • Rotary Drum + Horn
  • Rotary Drum
  • Auto Pan
  • Analog Square Chorus
  • Stereo Square Chorus
  • Stereo Expo Chorus
  • Random Chorus
  • Stereo Square Flange
  • Expo Flange
  • Lumpy Phase
  • Hi Talk
  • Sweeper
  • POD Purple X
  • Random S & H
  • Warble-Matic

 

 

Delays

 

ディレイに関しては、HDモデリングは1つのみ。

HDに拘らなければ問題ナッシング。

とにかく豊富なラインナップなので色々使って見るのが良さげ。

 

  • Dynamic Delay HD
  • Analog Delay
  • Analog Delay w/Modulation
  • Tube Echo
  • Multi-Head Delay
  • Sweep Echo
  • Digital Delay
  • Stereo Delay
  • Ping Pong Delay
  • Reverse Delay
  • Echo Platter
  • Tape Echo
  • Low Rez
  • Phaze Eko
  • Bubble Echo

 

 

Filters,Synths,and Pitch

 

変化球系のエフェクトが数種類、HDモデリングでは無いけど内蔵。

個人的に使用頻度が最も低いので重要視して無いけど、重要視するなら少し物足りないかもしれない。

 

  • Smart Harmony
  • Auto Wah
  • Dingo Tron
  • Clean Sweep
  • Seismik Synth
  • Double Bass
  • Buzz Wave
  • Rez Synth
  • Saturn 5 Ring Mod
  • Synth Analog
  • Synth FX
  • Synth Harmony
  • Synth Lead
  • Synth String
  • Pitch Bend
  • Tape Eater

 

 

Reverbs

 

リバーブは、HDモデリングを含めよく使いそうなモデリングが豊富。

赤字のリバーブは全てHDモデリング。

 

  • 63 Spring
  • Spring
  • Plate
  • Room
  • Chamber
  • Hall
  • Ducking
  • Octo
  • Cave
  • Tile
  • Echo
  • Particle Verb
  • ‘Lux Spring
  • Standard Spring
  • King Spring
  • Small Room
  • Tiled Room
  • Brite Room
  • Dark Hall
  • Medium Hall
  • Large Hall
  • Rich Chamber
  • Chamber
  • Cavernous
  • Slap Plate
  • Vintage Plate
  • Large Plate

 

その他のエフェクト

 

他にもノイズゲートなど、エフェクトが数種内蔵されてます。

各種設定については、スマホのアプリ「Firehawk Remoto」で操作。

 

  • Variax
  • Gate
  • Wah
  • Comp
  • EQ
  • Vol
  • FX Loop
  • Looper

 

 

 

まとめ

 

購入検討時に調べてたけど、なかなかFIREHAWK FXの内蔵エフェクトについて詳細が出てこなかったので、購入検討者向けに纏めた感じです。

POD HDシリーズ程は細かく設定出来ないけど、逆を言えば、そこまで細かな設定をしなくても簡単に使えるサウンドになりますという事かなと。

アプリからの操作も最初は戸惑ったけど、PCを立ち上げずに設定変更が簡単なのは煩わしさが無くて便利に感じる。

モデリングアンプだけで歪み(ひずみ)を作り出すのも可能。

その場合は、殆どのエフェクトをOFFにするからアンプのモデリングが気になるはず。

その点、この価格帯では安定のLINE6、なかなかのモデリング。

両機を使ってみた結果ですが、ライン録りならLINE6に軍配かな。

 

是非、参考にしてみて下さい。

 

コメント