北海道胆振東部地震を札幌で経験したその時

LIFE
スポンサーリンク

あの北海道を襲った大きな地震から2週間以上が経過。

地震も凄かったけど北海道全域がブラックアウトした大停電が辛かった。

札幌では一部のエリアで液状化現象が発生して道路が陥没。

多くのエリアで復旧が進み、自宅周辺や街の中心部は日々の暮らしが戻ってきた感じ。

観光が中心の北海道なのに相次ぐ旅行のキャンセル。

今も普段に比べて観光客は少なめだと感じる。

時間も少し経過したし、地震直後の事を綴っておこうと思います。

 

 

北海道胆振東部地震の発生

 

2018年9月6日(木)AM3時7分。

普通に平日やし、明日の仕事に備えて寝てる時間だよね。

ベッドの上で転がって寝てたら突然大きな揺れを感じて起きたよ。

グッモーニンじゃ無いよね。

 

 

地震後の大停電

 

これまでに北海道では感じた事のない大きな揺れ。

東北の大震災の時でも札幌ではここまで揺れなかったと思う。

経験した地震で言うと阪神大震災の時の大阪に近い感覚だった。

 

しばらくベッドの上で地震の揺れを感じてたけど、寝室のテレビをつけてみた。

スマホで確認するとSNSには地震の話が凄い事になってる。

テレビは、少し遅れて速報が入り、地震直後のスタジオからニュース。

被害状況がわからないまま、テレビが突如消えてしまう。

電源のランプが消灯している事から停電を疑い、電気のスイッチを確認するも点灯せず。

部屋の明かりが消え、真っ暗闇となった。

 

常備してあるLED懐中電灯で明かりを確保し、情報は電池駆動のラジオを使用。

停電がどのくらい続くかわからないので、スマホは使用を控える。

車のガソリンは、ほぼ満タン入っていたので、最悪の場合、スマホ程度の充電なら車で行う事も考えていた。

 

停電の影響で水道水も出なくなった。

おそらく断水ではなく、マンションの揚水ポンプが動かない為だろうと判断。

だとすれば、1階に行けば水は出せる。

 

 

街の様子を見ながら徒歩で出勤

 

地震の直後に会社からの安否確認があった。

家族も家屋も無事だった事を報告し、取り敢えず自宅周辺の様子を見る事に。

懐中電灯を手に階段でエントランスへ。

運動不足の体には辛い罰ゲーム。

 

マンションのエントランスへ行くと住民の数名が集まっていた。

理事長さんの姿も見える。

どうやら外壁とか柱とかにも異常は無さそう。

安心して自室へ戻る。もちろん階段で。

 

戻ってからは仕事の事が気になり始める。

メインの重要なライフラインと直接関係しないけど、インフラ系の仕事やし。

いつもより少し早い時間に着くように時間を調整して徒歩で会社へ。

 

オフィス街までの道のり。

驚いたのはスーツ姿のサラリーマンが多いこと。

まぁ、自分もその一人なんだけど、日本て凄いなと思ったね。

 

街は、外壁に亀裂だったり、一部が崩落しているビルもあった。

バリケードで通行できないようにしている歩道も。

驚いたのは地震直後からコンビニに長蛇の列が出来ていたこと。

そして1時間くらい歩いた頃に会社に到着。

 

 

 

混乱する街は世紀末

 

会社の事務所も停電の影響で真っ暗でした。

窓から入る明かりを頼りに出勤できたメンバーで打ち合わせ。

打ち合わせでは、客先訪問で外出する事に。

 

この大地震の前日は勢力の大きな台風が上陸したばかり。

その後は街の木々が折れたり、停電したりと被害が出ていたのに更に地震で被害増加。

公共の交通機関は動いていないので、社用車を使っての移動。

しかし、市内のガソリンスタンドは燃料を求めて長蛇の列。

燃料も気にしながら移動しないと給油だけで数時間かかりそう。

 

昼食の時間でもコンビニは行列もあって食品は欠品状態。

新しい食品が入荷しないから棚は空っぽ。

飲み物は水筒を持参しておいて正解だった。

この日の昼食は抜き。

自宅には備蓄していた食料があったので、家族は普通に食べたらしい。

.・゚・(ノд`)゚・.

 

この客先訪問で通行止めになっている道路がある事を知る。

そこは札幌の東区エリアで道路が陥没していたみたい。

その周辺は諦めて仕事を続けたけど。

 

 

ライフラインの復旧はランダム

 

自宅も停電した事で不便を強いられているようでした。

停電しているので、なるべく冷蔵庫を開けないように生活。

水は1階で汲めるけど階段で何度も自室へ持ち帰るのは厳しい状態。

 

でも水が使えないと大変だよね。

トイレで大きいのしても流せないし、困るよね。

流すのには結構な水の量が必要だから。

 

北海道全域がブラックアウトした大停電。

早いところだと午後の早い時間には復旧したらしい。

遅いところでは、当日復旧しなかったところも結構あったみたいなので、場所によって差があった感じ。

ただ同じ地域でも復旧が早い建物と遅い建物があって謎だった。

うちの家は結構早く復旧してくれて助かったけどね。

 

 

最後に

 

自然災害って突然やってくる。

正直、北海道は大丈夫なんじゃ無いかなって思ってた。

だけど、いつ起きるかわからない訳で、準備は大事だよね。

ちょっとした事でも気をつけないとダメだと思った。

緊急時の非常食とか防災グッズはもちろん、車の燃料は切らさないように。

そんな日々の注意が役に立つんだろうな。

もうこんな災害、懲り懲りだよ・・。

 

コメント